どうなったら青信号?

コロナでは、世界中で「この国は黄色」「この国は赤」などと、青、黄色、赤、に分けて区別をしています。
これが急に変わったりもするから困るんだけどね。
どうなったら青信号が出るのか?
わからない、、、日本の中では大変なことになってるように見えても、世界的に見たら日本は黄色でいることが多い。
世界から見たら日本はまだ安全なようだ。
またはオリンピックのためにそうしていただけ、かも。
いつになったら青になるのだろう。
どこでその基準が決められるんだろう、、国によっても違うしさ。
指標があれば頑張れそうな気もするのにね。
どうなったら青で、どうなったら黄色か。。。(赤になるとは思っても見なかった)
とは言ってもオリンピックで感染者が増えたのも事実だよね。
政府はしてやったな。。。結局犠牲になるのは国民だよ。
さて、まだまだ続くパンデミック、、、気をつけながらやっていくしかない。
頑張ろう。。(何回言っただろうか、、これ。。)

ボーナし

今年の夏はボーナスがない、か、カット、、って企業が多いようです。
コロナですからね、、、しょうがないのかも。
それでも正社員で居られるならいいのですよ、職を失った人たちがどれだけいるか。
家賃が払えなくて泣いてる人が多いって聞きました。
ボーナスなんてもらったことない、って人も。
選ぶ道を間違えたんだ、って非難は簡単です、そこじゃなくて、こうなったからどうるか、が問題です。
国は何もしてくれない、、、どころか、オリンピックに向けてめちゃくちゃなことしてたじゃないですか。
運動会を禁止、でもオリンピックはやるんでしょ。
ボーナスで泣いてもしょうがない、一番大事なのは健康なのだから。

草を食べてる人もいました。
それで健康を損ねるのなら、ストレスのかかることでも仕事につくほうがマシって言います、、、どっちもどっちなのですが。。
本当に早くコロナも終わって欲しいし、そうじゃなくても、弱者に優しい国づくりを目指して欲しいなーー。

艶のある髪の毛

アミノ毛に艶があるだけで、その人って素敵に見えます。
元気な証拠でもあるし、素敵ですよねーー。憧れます。
いろいろな人が「こうするといいよ」のアイデアなりを書いていますが、それらって実は案外簡単なことが多い。
そしてそれを実行している(つもり)なのになかなか艶は出ない。
大体の人はこれだと思う。
クリームつけるとかオイルつけるとかしてもね、、、お金だけかかって結果がついてこない。
そうでしょ?
じゃあどうしたらいいのか。
美容師さんにお任せ、または、、、案外「何もしない」のがいいみたいです。
シャンプーも回数を減らす、、、「何もしない」
オイルやクリームもやめる、、、「何もしない」
これでいくらか元気になってくるものです、ほんとです、試してみて!
プラスするよりも、マイナス、、、、最近の基本ですよね。

親のため

「親のため」っていう理由で婚活してる男性はよくないんですって。
優先順位が親になりがちなのと、「してやった」みたいな感じがあるから。
それに、もっと大事なことは、親の介護の相手、って思ってるから、ですって。
親のために結婚、ってそういう意味ーー?
自分のためにしなくちゃね、それから、相手のために。
夫婦、家族ってそういうことですよ。

親の言う通りに結婚してうまくいかなかったチャールズとダイアナもそうでしょ、シャール図はお父さんお言うママにダイアナと結婚した。
好きな人は他にいるのに。けしからん。

婚活をする理由が「親がうるさいから」って言ってた女性の友人はいますけどね。
それは、「うるさいから」って言うのを言い訳にして婚活をしてた、って意味合いが大きい。
そこもちゃんと読み込む必要がありますね。
親のために結婚か、、、考えられないなーー。
でも多いのかな・・

とらわれて夏

映画「とらわれて夏」見た人います?、、、少し前の映画です、映画館でやってるもの、ではなく。
あのタイタニックの、ケイト・うインスレットさんが出てるんです。
私は彼女が好きだし、この「とらわれて夏」にはアメリカ人俳優のジョシュア・ブローリンも出てるのでこの映画、大好き!何回か見てます。DVDでね。(持ってるのです)

何度見てもケイトって綺麗だなって思うし、演技力も抜群。
この映画みたいに「あれから何年たちました・・」というシーンもよくやるけど、ケイトったら、どんなに年取った設定でも綺麗すぎ。
そもそも、無実っぽいけど、刑務所から逃げてきた男性をかくまった(最初はそうじゃなくても)、その男性を好きになった、逃亡しようとして捕まった、というものだけど、そこに13歳の男の子の思春期の話も入ってる。
ちょっとエロい感じのところもあるけど、ケイトは「もう脱がない」って行った通り、裸とかは見れなかった。
でもちょっとイヤらしいところもあって、そこが13歳には刺激なのと、でもこの子、頭が良くて、母思いなのです。
その辺りも見もの。
見てない人は是非見てーー。
ケイトの魅力に圧倒されます。

お弁当

最近は芸能人もお弁当を持って行くらしく、それをブログなどで紹介してます。
見る限り、一般人のお弁当と変わらない、、、男性でも作ってるからすごいね。
一般人の方がもっと雑かも、、って思うほど。
まー、、、ブログでアップするために頑張ってるフシもあるが、、、笑
お弁当って簡単なようでまるで大変(なんか変だこの文章)、買い物から準備まで、前の日からやっておいて、当日の朝焼いたりして詰めて、、、大変なんです。
それを、忙しいはずの芸能人がね。
しかも男性となるとすごいなー、って思うのです。
もしくは、ロケ弁をブログにアップしてみたり。
、、、ロケ弁って具かなようで、その辺のお弁当やさんの、なんですよね、コンビニ弁当なこともあるらしい。
それでも外に出て食べられない人たちのために、スタッフが用意するわけです。
芸能人自らが差し入れとして持ってきたり、注文してデリバリしたりもあるみたい。
あういうところの現場って大変ですねーー、ロケ地にもよりますが。
とにかく、お弁当族が多くなってるようです、、、芸能人も。
いいことではないかな。

足がつる

足がつる、という経験はずっとなかったのに、最近時々起こるようになりました。
夜中にも一度会って、その時はどうなることかと本当に焦りましたよ。
あんなのが頻繁に起こるようになったら嫌ですねーー。
(そうなってる人も多いって聞きました、、、大変さ、お察しいたします)
筋肉の収縮だそうですが、どうして夜中に起こるのだ、怖いよ。。
女性では、ハイヒールを履いて疲れたらつる人が多いらしいけど、私はハイヒールは履かないんだよねーー。。
冷えはあるから、なるべく夏でも暖かくするようにしています。
つったには夏だったような、、、どうなっているんだ絵王、、エアコンかなー。
友人が「アーモンドを食べるといいよ」って教えてくれたけど、
アーモンドだけに限らず、ワカメもいいらしいし、納豆もいいらしい。
全部好きなものだけど、、、事情があってなかなか買えない、、この辛さ、、わかってもらえます?
毎日つるわけではないからまだいいのですがね。
これで頻繁に、とか、毎日あるようなら、食事から改善して行かなくてはなりませんな。
覚悟しておこう。

個人情報

マイナンバーカードを作れ・作れ、の意味は、、、結局、国は国民をコントロールしたいの?
主に、お金の流れ?
だったら、お金持ちだけ管理したらいいのに。
お金持ちが誰かわかってるんでしょ?タンス預金のお金持ちまで管理したいのかな?
(そんな人がどれだけいるというのだ)
作ったら5000円もらえる、みたいなこともあったけど、作る人はあまり増えていないと聞きました。
意味がわからないから、ではないかな?
どうしてそれをするのかがわかってない、、、役人もわかってないんじゃない?
マイナンバーカード作りました、はい、生活に何か変化は?、、、ないです。
なくていいんだけどね、、でも、良いことに人は反応するから、何もないゼロの段階では作る人は少ないかも。
作って欲しいなら5000円ではなくて目的を明らかにしたほうがいいと思うよ(って、誰に言ってるかもわからない)。
カード作った人、、います?
周りにはいないんです。
免許証があるから必要ない、って思ってる人が多いね。
免許証がなくていつも顔写真のアイデンティがない人は、作っておくと便利だよ、で作るみたい。
そういう、何か目的がないから作らないんだよ。
自分も作ってないです。

キム一族

北朝鮮のキム・なにがし、の家族と、あの国は本当に闇に包まれています。
今のリーダーはよく人前に姿を現しますが、それにしてもどんな人物なのかわからないし、
何を考えて何をするのかわからない国、という位置付けです。
キム・・・・って名前が出ると、またミサイルか、、、拉致か、、三田になりますよね。

そういえば拉致被害者の家族はもう本当に待てない感じになっていて気の毒に思います。
一生を捧げましたね、、横田めぐみさんのお父さんなんて。
弟さんがいて彼がいうのは、拉致されてから家族は沈みっぱなしで、
当時は消息不明なまま原因もわからず、、、
お父さん、お風呂の中で声を殺して泣いていたのだそうです。
なんてかわいそうな。。。

さて、そんな北朝鮮ですが、キム正男の息子さんがオランダにいるとかいないとか。。
お金はどこから出てるのかわからないけど、一般人みたいな質素な暮らしではなさそうです。
でも、公に一般人として姿を表すことのできる我々の方がはるかに幸せなんだろ思う。
キム一族、、、どうなっていくのでしょう。

映画「イエスタデー」

以前見たのですが、まさかこんなことが、、、という映画。
「イエスタデー」、、、あまり有名ではないかと思うのですが、面白かったです。
この世にビートルズが存在しない、という接待。
でも主人公は知っていて、何気に歌った「イエスタデー」を、周りが「すごいいい曲だね」と言って、
ついにヴェビューもしちゃう。
あり得ないでしょ?

あ、その前に、こういうことになったきっかけは、交通事故なんです、これはありがちな展開。
起きたら病院で、その後復帰して、、歌を歌ったけど、誰も知らないっていう、、、あの「イエスタデー」ですよ!
でもこの映画のいいたいのは、
ビートルズみたいに超スーパースターになるよりも、好きな人と幸せな糧を築くことの方が大事なんだよ、
ということ。
主人公もそれに気づいて、好きな人と幸せに暮らしましたとさ。
自分を好きでいてくれてmしかもすごい献身的で、話しやすくて、、って女性がいるのに、
大きくなろうとしてた自分も反省、、そんなとっても良い映画です。
もし見てない人がいたら、見てほしいな。
まだ比較的新しい映画なのでDVDがあるかどうか分からないけど、
今はすぐにDVDになるので、あるんじゃないかなーー。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.12

リンク